歌劇団Kamiteのサイトになります。ご訪問ありがとうございます。

第3回公演を終え、次回の特別公演に向けて、準備を進めています。
どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。

特別公演終演!

ありがとうございました!!

鼓動する聲――オペラ歌手が描く「生き様」の数々――

 

会場:ガルバホール(西新宿5丁目駅・都庁前駅徒歩5分/西新宿駅・中野坂上駅徒歩7分)

日程:2020年3月8日(日)15時開演/19時開演(各30分前開場)

入場料:3,500円 

予約/お問合せ:歌劇団Kamite(opera.kamite@gmail.com) 

 

 これまでオペラ全曲公演に加え、歌手の歌声を活かしたオリジナルな演目にも積極的に取り組んできた歌劇団Kamite。今回は敢えて「オペラ」と称しない演目に取り組みます。

 前半の演目は実在の人物、後半の演目は架空の人物が題材ですが、共通するテーマは「生き様」です。舞台に現れる人物それぞれの魂を、彼/彼女達の聲から感じていただければ幸いです。

                                      演出:舘亜里沙

【演目および出演者】

 

◎『一人芝居ミュージカル短編集』より

 

 「ひとくちアイスクリン[竹久夢二]」伊藤靖浩作曲/今井夢子脚本

                 (テノール:佐々木洋平/Pf齋藤誠二)

大正ロマンの代表的人物にしばしば挙げられる竹久夢二。彼の絵画や図案の背後にいたのは、彼の人生に関わった「女達」でした。役者の口から発せられるのは、夢二本人の聲か、それとも…

 

 「世界一美しい発明家[ヘディ・ラマー]」伊藤靖浩作曲/鈴木友隆脚本

                     (メゾソプラノ:里まり/Pf齋藤誠二)

女優としての活躍、穏やかとは言えない私生活、戦争の陰と、波乱の生涯を送ったヘディ・ラマー。彼女はなぜ発明家としての顔も持ったのか…傍らでピアノを奏で続けるのは誰なのか…?

 

◎音楽劇《ゴローと呼ばれた男―「蝶々夫人」の軌跡―》舘亜里沙脚本

(ゴロー:高橋拓真 お蝶・お花:和田奈美 千早:持田温子 賢木:大寺亜矢子/Pf畠山正成)

 蝶々さん(お蝶)が非業の死を遂げてから10年後……ゴローはお蝶への良心の呵責を抱き続けながらも、「女性を売る」仕事から脱することは出来ないままであった。そんなある日、お蝶と瓜二つの娘お花が働かせてほしいとやって来る。彼女の出現はゴローにとって、過去の蘇生であるとともに、新しい苦悩の始まりでもあった。

   オペラ《蝶々夫人》の前日談・後日談を、陰で悲劇の引き金となったゴローに焦点を当て、

  オリジナルで書き下ろしました。物語に入り込むクラシックの名曲とともにお楽しみください。

 

こちらにも詳細を記載しています!

 

特別プレゼントがもらえるかも!?
この度3月8日(日)『鼓動する聲――オペラ歌手が描く「生き様」の数々』が、page2020という印刷関係者向けのイベントでFujifilmさんのブースで紹介されることとなりました。
それに際して当公演の公演グッズとして製作されたサンプルの品々を、公演当日皆さんにプレゼントする運びとなりました。詳しくは当日のご案内をお聴きください。また、ぜひ印刷の最新技術を用いた公演グッズの数々を、実際にご覧ください。詳しくはこちら

【公演にあたって、】

 新型コロナウィルスの影響による公演中止が相次いでいますが、当公演は15時公演・19時公演とも告知情報通り実施いたしました。このような状況の中、足を運んでいただいた皆様に改めて御礼申し上げます。
 感染拡大防止のため、当日ご来場いただいた皆様につきましては、手指消毒やマスクの着用等にご協力いただきました。またスタッフのほうで、公演前の清掃や公演時間中の換気を行いました。
 本公演の開催にご協力いただいた全ての方々に、感謝いたします。

第3回公演終演!!

ご来場の皆様に心より御礼申し上げます。

 

歌劇団Kamite第3回公演
《カヴァレリア・ルスティカーナ》
/《パリアッチ》》

 

2019年11月22日(金)18時開演
(17時半開場)

 武蔵野市民文化会館 小ホール

 入場料5,000円

 

 

 

指揮:苫米地英一

 演出:舘亜里沙

 

 

 

【カヴァレリア・ルスティカーナ】

 

サントゥッツァ:藤野沙優
トゥリッドゥ:大澤一彰

アルフィオ:伊藤和広

ルチア:栗田真帆

ローラ:山田裕香

ピアノ:小滝翔平

 

【パリアッチ】

カニオ:片寄純也

ネッダ:小田切一恵

トニオ:武田直之

ペッペ:高橋拓真

シルヴィオ:浜田耕一

ピアノ:齋藤誠二

 

合唱:かみて合唱団
ダンス:今田直樹、小松詩乃

 

副指揮:泉翔士

舞台監督:穂苅竹洋

照明:若原靖

衣装:小泉美都

メイク:小林位枝

広告美術:岩谷駿

 

主催:歌劇団Kamite(かみて音楽事務所)

協力:ミラーコロ音楽事務所

人間の愛憎ドラマを生々しく描いた、ヴェリズモ・オペラの傑作を、出演者・スタッフ
一丸となってお届けします。何卒よろしくお願いいたします。

もっと詳しくはこちらから!

 

 3回目となった本格オペラ公演、お陰様で盛況のうちに終演を迎えることが出来ました。

ご来場いただいた皆様との出会いを大切に、今後ともオペラの面白さ、舞台芸術の奥深さを表現してまいりたいと思います。ありがとうございました。

 

特別公演《リータ》大盛況!

ありがとうございました♪

歌劇団Kamite特別公演

 オペラ《リータ》+ガラ・コンサートViva Donizetti!!(字幕付)

 

日時:2019年6月19日(水)/20日(木)各日19時開演(18時開場)

 会場:スターパインズカフェ(吉祥寺駅最寄)

 チケット:入場料3500円+ワンドリンク

 ご予約・お問合せ:歌劇団Kamite(opera.kamite@gmail.comまたはhttps://opera-kamite.jimdo.com/)

 ※ご予約の場合はお名前・枚数・ご連絡先をお伝えください。

  

◎オペラ《リータ》―あるいは叩かれた夫― 
日本語潤色台本&演出:舘亜里沙
指揮:中橋健太郎左衛門
ピアノ:松岡なぎさ
ヴァイオリン:秋山ふみ

 

リータ:傳田実咲 
ベッペ:高橋拓真
ガスパーロ:飯田裕之

 

【概要】宿の女将リータをめぐって「妻に叩かれている夫」と「妻を叩いていた夫」が対決!さてその結末は...?ドニゼッティの名作喜劇を、今回の公演のための台本と演出でお届けします。

 

 

◎Viva Donizetti!!—悲劇VS喜劇—

 

ソプラノ:四津谷泰子、打越梨紗 
テノール:大塚康祐
バリトン:木村雄太 
ピアノ:舘亜里沙

 

【概要】生涯に70以上ものオペラを書いたドニゼッティ。彼の悲劇および喜劇の名作を、4名の歌手で紹介します。

  

主催:歌劇団Kamite

 

夏の若手シリーズ、無事終演!

【歌劇団Kamite 夏のコンサート】

 

日時:2018年7月7日(土)13時半開演(13時開場)

会場:Studio K (高円寺駅徒歩約7分、スタジオ2)

入場料:3000円

予約/お問合せ:かみて音楽事務所(担当:森谷)

   TEL: 090-1776-9376  MAIL: opera.kamite@gmail.com

              HP: https://opera-kamite.jimdo.com

 

[キャスト]

 打越梨紗、小林可奈、前田理恵、松浦友香、山田裕香、吉川歌穂

 泉静、宇津木明香音、田中沙友里、星智恵

 大塚康祐、高橋拓真、武田聖智、町村彰、森谷健太郎、木戸大輔

 

[演出・演奏]

 舘亜里沙(第一部ピアノ/演出)

 畠山正成(第二部ピアノ)

 

[概要]

 第一部:歌劇団Kamiteスペシャルガラ・コンサート

 第二部:オリジナル音楽劇《ゴローと呼ばれた男》

歌劇団Kamite第二回公演にて《ラ・ボエーム》の合唱として大活躍だった若手歌手が、再び集いました。第一部では重唱や重奏の名曲を盛り込んだ、今回のメンバーならではのガラ・コンサート。第二部では、プッチーニの名オペラ《蝶々夫人》のもう一人の日本人登場人物ゴローに焦点をあて、オリジナルの台本とクラシックの名曲による音楽劇を展開しました。

ぜひ公演の詳細と併せてご覧下さい!!

第2回公演無事終了!!ありがとうございました♬

来る2018年1月20日(土)第二回公演《ジャンニ・スキッキ》/《ラ・ボエーム》が、無事に終演しました。ご来場いただいた皆様と公演にご協力いただきました皆様に、心より感謝いたします。

 

歌劇団Kamite 第二回公演

プッチーニ作曲

オペラ《ジャンニ・スキッキ》&《ラ・ボエーム》

(字幕付・原語上演)

 

 日時:2018年1月20日(土)
《ジャンニ・スキッキ》12時開演
《ラ・ボエーム》14時開演
会場:東大和市民会館ハミングホール(大ホール)※西武線東大和市駅から徒歩約7分、JR立川駅よりバス約20分
入場料:《ジャンニ・スキッキ》のみ3000円/《ラ・ボエーム》のみ5000円/両演目セット券7000円


《ジャンニ・スキッキ》公演
指揮:松村大喜
演出:舘亜里沙
ピアノ:小滝翔平
ジャンニ・スキッキ:伊藤和広
ラウレッタ:山口佳子
リヌッチョ:三浦義孝
シモーネ:狩野賢一
ツィータ:栗田真帆
ベット:勝村大城

ゲラルド:森谷健太郎
ネッラ:川上明里子
マルコ:山口義生
チェスカ:小木曽鮎美
医者/公証人:寺西丈志
ほか

《ラ・ボエーム》公演
指揮:苫米地英一
演出:舘亜里沙
ピアノ:齋藤誠二
ミミ:江口二美
ロドルフォ:青柳素晴
マルチェッロ:大川博
ムゼッタ:小田切一恵
コッリーネ:小田桐貴樹
ショナール:大石洋史
ベノア/アルチンドロ:寺西丈志
パルピニョール:森谷健太郎
合唱インスペクター:高橋拓真
ほか
舞台監督:和田真生
照明:若原靖
音響:染野拓
メイク:須見有樹子
舞台監督助手:垣田みずき
舞台スタッフ:水野明人、角直之
制作:下村ふみほ

前回の《蝶々夫人》から1年半を経て、一段とパワーアップした公演をお届けしたいと思います。この度もどうぞよろしくお願いいたします。「お問合せ」フォームからお申込みいただければ、チケットの予約が可能です。

 

第一回公演《蝶々夫人》が無事に終演しました

応援本当にありがとうございました。現在、第2回公演に向けての準備を進めております。