歌劇団Kamite初のオーケストラ上演!

オペレッタ《メリー・ウィドウ》

歌劇団Kamite第5回公演・大黒屋オペラ公演 F.レハール《メリー・ウィドウ》
2022年11月19日(土)15時開演 
八王子いちょうホール(小ホール)

入場料5,000円

 

指揮:中橋健太郎左衛門 

演出・日本語台詞:舘亜里沙

演奏:大黒屋オペラ室内オーケストラ(コンサートマスター:谷裕美)

舞台監督: 樋口雄太郎 

照明: 有限会社ライトシップ

振付: 打越麗子 

演出助手・字幕: 吉野良祐

 

ハンナ:山口佳子 

ダニロ:狩野武

ヴァランシェンヌ:盛田麻央 

カミーユ:大澤一彰

ツェータ:大石洋史 

ニェグシュ: 森谷健太郎

カスカーダ: 岩井翔平 

サンブリオッシュ: 上田隆晴

クロモウ: 山本萌 

ボグダノヴィチ: 大倉修平

プリチュッチュ: 小川陽久

オルガ: 原千裕

シルヴィアーノ: 牧田信乃

プラシコヴィア: 齊藤日向

 

主催:かみて音楽事務所(公演監督:森谷健太郎) 
共催:大黒屋オペラ(代表:中橋健太郎左衛門)

 

歌劇団Kamite晴れての第5回オペラ公演は《メリー・ウィドウ》。いよいよ最後の輝きを見せるハプスブルク家統治下のウィーンで生まれた、爛熟した文化の香りの漂う1作品です。

大黒屋オペラとの共催により、オーケストラでの上演が叶うこととなりました。

気鋭のキャストと共に、笑いを誘いつつも気品あふれる舞台をお届けします。

 

※公演情報は今後随時更新いたします。チケット販売開始時に、改めて最新情報をご確認ください。